学校を選んだ理由を伝える|家庭教師を雇うポイント|慣れた環境で捗る勉強

家庭教師を雇うポイント|慣れた環境で捗る勉強

学校を選んだ理由を伝える

履歴書

どんな文章がよいか

志望動機は受験の際に、なぜこの学校を選んだのかを採点官に伝えるためのものです。志望動機とともに学校成績なども提出しますが、志望動機の書き方や内容でおおまかに合否が決まるといわれています。なので、その作成に多くの時間を割いています。志望動機を求められるのは主に推薦入試で、志望理由書と呼ばれることが多いです。担任や国語の担当者、受験対策の先生などからアドバイスをもらいながら書いていきます。書き方は中学や高校、大学の入試によって求められる内容や書く分量が異なりますが、最低限必要なことは共通しています。まず志望動機を書くにあたって、受験する学校側の指定を確認します。学校によって字数指定や記入用紙、記入方法の指定をするところなど様々であり、この指定を正しく把握しないと読んでもらえないことさえあります。次に誰かの文章を写したような理由ではなく、自分の言葉で書くということです。志望理由書を読む側は、何通も審査をするため書き方を変えても、他人と同じような文章では印象が悪くなってしまいます。志望理由書の書き方そのものは奇抜なものを狙わなくてもよいのです。自分の言葉で文章を作ることで、ほかの人と違った印象を抱いてもらえます。最後に、自分の思い描く将来に向けて何が必要で、何を求めてその学校を志望したかが伝わるようにすることです。多くの学校の中からなぜこの学校を選んだかを過去の体験、学校の方針や行事などを踏まえて具体的な話をすることで、文章を読む側に真剣である旨をアピールできます。